密フィー

wiffy for Social Distance

ウィフィーでできる3密対策

無線LANアクセスポイント wiffy が周囲のスマホをスキャンし件数化、店内のスマホ密度をリアルタイムに可視化します。行き付けのお店にwiffyがあれば、お客様は来店前に、店内の密を確認できます。

お客様のスマホをwiffyに接続させずに件数化します。

wiffyの業務用無線およびゲスト用無線と併用可能です。

wiffyのオーナー様は導入後は何もせずに店内の混雑状況を広報できます。

導入のポイント

wiffyによるスマホ検知範囲は半径20〜30mと広めですので、どこまでの範囲 (信号強度) を件数化するかがポイントです。

wiffy設置場所の広さから、検知範囲を決めます。

座席数と検知数を照らし合わせ密度ゲージを出力します。

このような出力はホームページ等に埋め込み可能で、5分毎に最新の情報に自動更新されます。

15席の店舗の場合 (ゾーンの色分けも自由自在)

導入は誰でも簡単に

wiffyを接続した既設のプライベートネットワークのセキュリティは完全に担保されます。

インターネット環境があれば、wiffyを既設のルーター / ハブの空きポートにLANケーブルで挿すだけ。

周囲のスマホはwiffyの無線に接続できないため、LANにも侵入できません。

スマホ検知データのアップロードには、既設の通信回線のアップロード帯域を利用させていただきます。

密フィー対応製品

ソーシャルディスタンス施策と無料インターネットサービスをバランス良く提供できるのはwiffyだけです。