UniFi®︎ Building-to-Building Bridgeのクイックスタートガイドとなります。本製品は、UBB同士を60GHz無線でデータ中継するものになります。

UBB本体 (数量 2)
ボールジョイント (数量 2)
ロックリング (数量 2)
メタルストラップ (数量 2)
ギガビットPoEインジェクター (数量 2)
電源コード (数量 2)


LED

白の点滅

イニシャライズ中

白の点灯

工場出荷状態・設定待ち

白と青の交互の点灯

デバイスがビジーです。電源プラグを抜いたりしないでください。これは通常、ファームウェアのアップグレード中であることを示します。

青の点灯

ネットワークに接続され、正しく機能しています。

点滅させる

これは、デバイスを見つけるために使用されます。

UniFi Network Controllerで[Locate]をクリックすると、LEDが青色に点滅します。ソフトウェアは、地図上にデバイスの場所も表示します。

循環する青色を伴う赤色

悪天候のなどのため、60GHzリンクを確立できないか、切断されました。UBBが5GHzにフェイルオーバーすると、LEDは赤のままになります。60GHzリンクが再確立されると、LEDは青色に変わります。

緑の点灯

ネットワークコントローラーの[デバイスの管理]セクションで、配置ツールを有効にできます。UBBデバイスが適切に配置されると、LEDが緑色に変わります。

注意:他のブリッジデバイスが範囲内にあり、LEDが緑と赤の場合は、LEDが緑になるまでUBBデバイスを上下に動かすことをお勧めします。

リセット

工場出荷時のデフォルトにリセットします。LEDが点滅し始めてから点灯するまで、リセットボタンを約10秒間押し続けます。数秒後、LEDがオフになり、デバイスが自動的に再起動します。

注意:UBBの無線は事前にペアリングされています。構成の変更等によりリンクが失われた場合は、両方のUBBをリセットして、リンクを再確立してください。

イーサネットポート

ローカルUBB側のイーサネットポートは、電源を接続するために使用され、LANおよびDHCPサーバーに接続する必要があります。

リモートUBB側のイーサネットポートは、電源を接続するために使用され、LANに接続する必要があります。ローカルUBB側へのワイヤレスリンクを介して、DHCPサーバーからのIPアドレスを受信します。

照準合わせ


Optional

UBB

寸法

140 x 140 x 90 mm

重量

376 g

アンテナゲイン

60 GHz : 17.2 dBi

5 GHz : 10 dBi

ネットワークインターフェイス

10/100/1000 Mbps RJ45 イーサネットポート x 1

電源方式

48 V, 0.32 A ギガビットPoEインジェクター (同梱)

最大消費電力

11 W

風圧荷重

56 N @ 200 km/h (12.6 lbf @ 125 mph)

風圧耐性

200 km/h (125 mph)

マウント

ポールマウントキット (同梱)

ウォールマウントキット (別売)

ESD/EMP保護

± 24 kV 接触 / 気中

動作温度

-40 〜 60 °C

動作湿度

5 〜 95 % (結露しないこと)

適合基準

CE, FCC, IC


© Amalance LLC