UniFi®︎ Cloud Key Gen2 Plus ネットワークコントローラー / ネットワークビデオレコーダーのクイックスタートガイドとなります。

UniFi Cloud Key Gen2 Plus

HDDベイ

2.5インチSATAドライブ用のリムーバブルハードドライブトレイ。

LCD画面

UniFi Network用LCDディスプレイ

アイコン

説明

UniFi Network Controllerのホスト名

現在のWAN帯域の使用状況

インターネットアクセスの状態

コントローラ管理下にあるUniFi AP数

ネットワークに参加しているクライアント数

UniFi Protect用LCDディスプレイ

アイコン

説明

UniFi Protect Controller名と帯域幅

カメラの録画ビットレートの合計

Protectクラウドアクセスのステータス

UniFi Protectに登録されているアクティブカメラの数

UniFi Protectによって最後の動作が検出された時刻

電源ボタン

ハードウェアの電源供給をオン / オフします。

リセット

Reset (リセット)]ボタンには、次の2つの機能があります。

  • 再起動 Reset (リセット)]ボタンを押してすぐ放します。
  • 工場出荷時のデフォルトを復元 ステータスLEDが白色の点滅を開始するまで、[Reset (リセット)]ボタンを5秒以上長押しします。

microSDスロット

外部バックアップに使用するオプションのスロット (microSDカードは含まれません) 。

USB Type C ポート

将来の利用のために予約されています。

USB Type C 電源ポート

PoEが使用できない場合の電源に使用されます。Quick Charge 2.0 / 3.0準拠のUSB電源アダプタが必要です。

イーサネットポート

LANのギガビットスイッチポートに接続します。電力は、UniFi PoE Switchなどの802.3af PoEスイッチで供給できます。

LED

デバイスの初期化が完了

白で点滅

デバイスは起動中

デバイスは初期化中 / 初期化解除中

白でゆっくりと点滅

ファームウェアの更新中

デバイスの設定および利用開始の準備が完了

青で点滅

主電源が失われ、デバイスはカウントダウン状態

電源が10秒以内に復旧すると、デバイスは以前の状態に戻ります。電源が10秒以内に復旧しない場合、デバイスは安全にシャットダウンされます。

青でゆっくり点滅

クライアントがBluetooth (BLE) 経由でデバイスに接続中

白 / 青で交互に点滅

デバイスは復旧モード

LEDは、1秒間隔でオフ、白、青のパターンを繰り返します。

セキュリティスロット

Kensingtonセキュリティロック (別売) でCloud Key Gen2 Plusを使用できるようにします。使用する場合、デバイスの使用中にHDDを取り外すこともできません。

ラックマウントノッチ

ハードウェアをオプションのラックマウントアクセサリ (モデル CKG2-RM, 別売) のドッキングベイに固定します。ラックマウントアクセサリを使用すると、ハードウェアを19インチラックに設置できます。

注意:ラックマウントアクセサリは完全にオプションであり、Cloud Key Gen2 Plusが機能するために必要ではありません。

13ピンコネクタ

ハードウェアをオプションのラックマウントアクセサリ (モデル CKG2-RM, 別売) に接続します。CKG2-RMはこのハードウェア用のドッキングベイがあるだけでなく、19インチラックに取り付けることができます。

注意:付属の13ピンコネクタは、ほこりや汚れから保護するために黒いステッカーであらかじめ覆われています。Cloud Key Gen2 Plusをオプションのラックマウントアクセサリとともに使用している場合は、ステッカーを取り外すだけです。

HDDラッチ

HDDトレイをドライブベイから解除します。HDDトレイをドライブベイから解放します。

警告:Cloud Key Gen2 Plusが使用中または電源がオンの状態でHDDラッチを操作しないでください。

Cloud Key Gen2 Plusをラックマウントアクセサリに接続する場合は、ドッキングベイの幅を寸法に合わせて調整する必要があります。ドッキングベイを調整するには、次の手順を実行します。

  1. 次の3つの条件が満たされたら、Cloud Key Gen2 Plusをドッキングベイに挿入します。
    1. 13ピンコネクターが上向きである
    2. LCD画面が前面にある
    3. Cloud Key Gen2 Plusのイーサネットポートにイーサネットケーブルが接続されていない

警告:ネットワークでループなどの好ましくない動作が発生するのを防ぐため、イーサネット接続は1つのみ使用してください。Cloud Key Gen2 Plusのイーサネットポートとラックマウントアクセサリを同時に使用しないでください。

UniFi PoE Switch, USB 電源, 48 V PoE アダプタ (別売) などの802.3af対応スイッチを使用します。

Webブラウザ (Chromeを推奨) を使用して、Cloud Key Gen2 Plusをセットアップします。

  1. セットアップ用のPCがCloud Key Gen2 Plusと同じレイヤー2ネットワーク上にあることを確認します。
  2. ブラウザを起動し、Cloud Key Gen2 PlusのIPアドレスを入力します。Enter (PC) または Return (Mac) キーを押します。

  3. 注意:コントローラのIPアドレスは、Cloud Key Gen2 PlusのLCD画面に表示されます。

  4. システムの自己証明書に関してブラウザ上にエラーが表示されますが、[192.168.xxx.xxxにアクセスする (安全ではありません)]をクリックして続行します。

  5. [Your Cloud Key G2+ Settings]の[Manage Cloud Key]ボタンを押します。

  6. UniFi Management Portalが表示されます。[Username (ユーザー名)]と[Password (パスワード)]の両方に ubnt と入力し[Login (ログイン)]ボタンを押します。

  7. 先ほど入力した初期値のパスワードの変更を促すダイアログが表示されます。任意のパスワードに変更してください。

  8. [Overview (システム概要)]が表示されます。

  9. [Settings (システム設定)]タブに移動します。[Timezone (標準時間帯)]プルダウンで[Asia/Tokyo (アジア/東京)]を選択し、[Apply Changes (変更を適用)]します。

  10. [FIRMWARE (ファームウェア)]セクションを展開し、Firmware Version (ファームウェアのバージョン) が up to date (最新版) ではない場合、[Update Now (すぐに更新)]ボタンを押します。

  11. ファームウェア更新後、Cloud Key Gen2 Plusが再起動されます。その後、UniFi Management Portalに再度サインインし、[Controllers (コントローラ)]タブに移動します。

  1. UniFi Networkのコントローラ名に任意の文字列を入力し、[End User License Agreement (エンドユーザーライセンス合意)]と[Terms of Service (サービス利用規約)]を確認の上、チェックボックスにチェックを入れて[Next (次へ)]ボタンを押します。

  2. Cloud Key Gen2 Plusに含まれるUniFi Networkシステムへのインターネット経由での遠隔アクセスを可能とする UniFi Network Cloud Portal や、ライブチャットサポート、コミュニティへの参加を可能とするUbiquitiアカウントをこちらから発行します。

    Ubiquitiアカウントの[Username (ユーザー名)]と[Password (パスワード)]を入力し、[Switch to Advanced Setup (高度な設定に切り替える)]を展開します。

  3. [Enable Remote Access (リモートアクセスを有効化)]ボタンをオン (またはオフ) にします。
    [User your Ubiquiti account for local access (ローカルアクセス時にもUbiquitiアカウントを使用する)]ボタンをオン (またはオフ) にします。

  4. [Automatically optimize my network (ネットワークの自動最適化)]ボタンをオン (またはオフ) にします。
    [Enable Auto Backup (自動バックアップを有効化)]ボタンをオン (またはオフ) にします。

  5. 同じレイヤー2ネットワーク上にある新しいUniFiデバイスを自動で検知します。このCloud Key Gen2で管理したいデバイスを選択し[Next (次へ)]ボタンを押します。

  6. Wi-Fiの設定を一つ入力して[Next (次へ)]ボタンを押します。後に、UniFi Network Management Controller (UniFi Network管理画面) から設定の変更が可能です。

  7. [Country or territory (国)]プルダウンで[Japan (日本)]を選択します。
    [Timezone (標準時間帯)]プルダウンで[(UTC+09:00) Tokyo]を選択し[Finish (完了)]ボタンを押します。

  8. UniFi Network管理画面に自動的に移動します。製品品質向上のための診断情報の送信に同意する場合は[Send to Ubiquiti (Ubiquiti inc.に診断情報を送る)]ボタンを押します。

  9. [Dashboard (ダッシュボード)]が表示されます。

  10. 画面左下の[Settings (設定)]アイコンから、[Enable Remote Access (リモートアクセスを有効化)]ボタンをオン (またはオフ) に切り替えることができます。下記は最新 (Beta) 版の画面イメージです。

  11. 画面左下の[Settings (設定)]アイコンから、[Enable Remote Access (リモートアクセスを有効化)]ボタンをオン (またはオフ) に切り替えることができます。下記はクラシック版の画面イメージです。

  12. リモートアクセスが有効なUniFi Networkシステムは、インターネット経由でもUniFi Network Cloud Portalから、または、iOS/Androidアプリから、Peer to Peer (ピア・トゥ・ピア) 接続で安全にアクセスできます。

UniFi Network 機能アイコン

アイコン

説明

Dashboard (ダッシュボード)]画面には、各クライアントとデバイスのレイテンシとスループット情報を含む、ネットワーク状態の視覚的な概況が表示されます。

Statistics (統計)]画面には、管理対象のUniFiネットワーク上のクライアントとトラフィックが視覚的に表示されます。

Map (地図)]画面では、無線ネットワークを視覚的に表現するためにヒートマップを表示したり、ネットワークのトポロジを表示することもできます。

Devices (デバイス)]画面には、コントローラ管理下のUniFiデバイスのリストが表示されます。

Clients (クライアント)]画面には、コントローラ管理下のUniFiデバイスに接続されているクライアントのリストが表示されます。

Insights (インサイト)]画面には、ローカルおよび周囲の無線ネットワークに関する情報、クライアントとデバイスの統計、セキュリティと接続の詳細、およびその他のコントローラが収集する情報が一覧表示されます。

Events (イベント)]画面には、エラーや警告を含め、ネットワークで発生しているすべてのイベントとアクティビティのリストが表示されます。

Alerts (アラート)]画面には、ネットワークで発生しているアラートとイベントのリストが表示されます。

Settings (設定)]画面には、コントローラに関する詳細情報が表示され、サイト毎のネットワーク設定を追加 / 変更 / 更新できます。

  1. [NVR Name (ネットワークビデオレコーダ名)]に任意の文字列を入力し、[Timezone (標準時間帯)]プルダウンで[(UTC+09:00) Osaka, Sapporo, Tokyo]を選択します。[End User License Agreement (エンドユーザーライセンス合意)]を確認の上、チェックボックスにチェックを入れて[Next (次へ)]ボタンを押します。

  2. UniFi Protectシステム用のローカルアカウントを登録します。[Local Username (ユーザー名)]と[Password (パスワード)]を入力し、[Next (次へ)]ボタンを押します。

  3. ネットワークビデオレコーダを含むローカルなUniFi Protectシステムへのリモートアクセスを有効にする場合、[Adopt with UI.com Account (Ubiquitiアカウントを適用する)]ボタンを押します。

  4. 発行済みのUbiquitiアカウントで[Sign In (サインイン)]します。これにより、ローカルシステムと、ローカルシステムのリモート管理を実現するUniFi Protect Cloud Portal間のシングルサインオンが実行されます。

  5. [Address (住所)]にCloud Key Gen2 Plusの設置場所を入力し、[Next (次へ)]ボタンを押します。

  6. 同じレイヤー2ネットワーク上にある新しいUniFi Video Cameraを自動で検知します。このCloud Key Gen2 Plusで管理したいデバイスを選択し[Finish (完了)]ボタンを押します。

  7. セットアップを完了すると[Cameras (カメラ)]画面に自動で移動します。追加したUniFi Video Cameraが正常に稼働していることを確認します。

  8. [Settings (システム設定)]画面の[Advanced (高度設定)]セクションで[Disable Remote Access (リモートアクセスを無効化)]または[Enable Remote Access (リモートアクセスを有効化)]することができます。

  9. リモートアクセスが有効なUniFi Protectシステムは、インターネット経由でもUniFi Protect Cloud Portalから、または、iOS/Androidアプリから、Peer to Peer (ピア・トゥ・ピア) 接続で安全にアクセスできます。

UniFi Protect 機能アイコン

アイコン

説明

Cameras (カメラ)]画面には、UniFi Protectによって現在管理されているすべてのカメラがリストされます。

Live View (ライブビュー)]画面には、UniFi Protectのすべてのライブビューレイアウトがリストされます。[Add Live View (ライブビューの追加)]をクリックすると、新しいライブビューが作成されます。

UniFi Protectによって録画されたイベントを確認します。イベントをカスタマイズするには、ドロップダウンリストからカメラを選択し、表示する録画の特定の日付範囲を作成します。右上のメニューにある事前定義されたショートカットのいずれかから日付範囲を選択することもできます。

UniFi Protectでユーザーを追加 / 変更 / 削除します。

UniFi Protectのシステム設定を表示 / 更新 / リセットします。

Cloud Key Gen2 Plusには、1 TB SATA HDDが搭載されています。交換する場合は、2.5インチSATA HDDを使用し、次の手順に従う必要があります。

  1. コントローラ設定をバックアップします。コントローラ設定はハードドライブに保存され、新しいハードドライブが挿入されるとリセットされます。
  2. ソフトウェアの中断を防ぐため、Cloud Key Gen2 Plusの電源をオフにします。
  3.  
  4. 警告:Cloud Key Gen2 Plusが使用中または電源がオンの状態でHDDラッチを解放または操作しないでください。

  5.  

UCK-G2-PLUS

寸法

131.16 x 27.10 x 134.20 mm

重量

582 g

エンクロージャ

陽極酸化アルミニウム

管理インターフェイス

ハードディスク容量

1 TB 2.5 インチ SATA HDD (5 TBのHDDにアップグレード可能)

デバイス容量

UniFi Protectのみ運用 最大20台のUniFiカメラ
UniFi NetworkとProtectを同時運用 最大15台のUniFiカメラと50台のUniFiデバイス

eMMCメモリ

32 GB

ネットワークインターフェイス

10/100/1000 Mbps RJ45 イーサネットポート x 1

ボタン

電源 x 1

リセット x 1

LED

電源 x 1、白 / 青

電源方式

802.3af PoE または
Quick Charge 2.0 / 3.0 電源アダプタ (9 VDC, 2 A)

対応電力範囲

802.3af PoE または 9 VDC, 2 A

最大消費電力

12.95 W (PoE)

動作温度

0 ~ 35 °C

動作湿度

20 ~ 80 % (結露しないこと)

適合基準

CE, FCC, IC


© Amalance LLC