UniFi®︎ Security Gateway Pro のクイックスタートガイドとなります。

UniFi Security Gateway Pro
電源コード
マウント用ネジ (数量 4)
ケージナット (数量 4)

システムLED

白の点灯

工場出荷時の状態

デバイスはコントローラへの追加を待っています。

白 / 青の早い点滅

ファームウェアの更新中

デバイスはビジー状態のためそのまましばらく待ちます。

青の点灯

正常に稼働中

デバイスはコントローラに追加され正常に稼働しています。

オフ

オフライン

電源やイーサネットケーブルの抜けを確認してください。

コンソールポート

コマンドラインインターフェイス (CLI) 管理用のRJ45シリアルコンソールポート。コンソールポートをPCに接続するには、ロールオーバーケーブルとしてRJ45-DB9シリアルコンソールケーブルを使用します。その後、必要に応じて次の設定を行います。

  • ボーレート:115200
  • データビット:8
  • パリティ:なし
  • ストップビット:1
  • フロー制御:なし

USBポート

将来の使用を見越して設けられています。

LAN / WAN / SFP の スピード / リンク / アクティビティ LED

オフ

リンクなし

10/100 Mbpsでリンクを確立

点滅はアクティビティを示します。

1000 Mbpsでリンクを確立

点滅はアクティビティを示します。

LAN (ポート 1 ~ 2)

RJ45ポートは、10/100/1000イーサネット接続をサポートします。デフォルトでは、LAN1ポートはIPアドレス 192.168.1.1/24 でDHCPサーバーに設定されます。

WAN (ポート 1 ~ 2)

RJ45ポートは、10/100/1000イーサネット接続をサポートします。デフォルトではDHCPクライアントに設定されます。WANポートは、対応するSFPポートが空の場合にのみアクティブになります。

SFP (ポート 1 ~ 2)

SFPポートはホットスワップ可能で、10/100/1000光ファイバーSFPモジュールをサポートしています。デフォルトではDHCPクライアントに設定されます。SFPモジュールが接続されている場合、SFPポートはアクティブになり、対応するWANポートは非​​アクティブになります。

リセットボタン

工場出荷時のデフォルトにリセットします。WAN2ポートの右側のLEDが点滅し始め、その後しっかり点灯するまで、リセットボタンを約10秒間押し続けます。数秒後、LEDが消灯し、デバイスが再起動します。

  1.  
  2. または

SFPポートの利用
  1. 注意:対応するWANポートは非アクティブになります。互換性のあるSFPモジュールの情報については、別途お問い合わせください。

デフォルトでは、WANポートはDHCPクライアントに設定されています。この設定を変更するには、PCを直接 (またはスイッチ経由で) デバイスのLAN 1ポートに接続します。

  1. WebブラウザからLAN 1ポートのデフォルトIPアドレス 192.168.1.1 にアクセスし、[Username (ユーザー名)]と[Password (パスワード)]の両方に ubnt と入力し[Sign In (ログイン)]ボタンを押します。

  2. [Settings (設定)]>[Configuration (設定編集)]>[WAN Settings (WAN設定)]の[Connection Type (接続方式)]で、デフォルトの[DHCP (DHCP取得)]から[PPPoE (PPPoE認証)]または[Static IP (静的IP指定)]に変更します。

Cloud Key (Cloud Key Gen2 または Cloud Key Gen2 Plus) に割り当てられたIPアドレスにWebブラウザ (Chromeを推奨) でアクセスし、UniFi Network Controller管理インターフェイスのログイン画面を呼び出します。そこでユーザー名とパスワードを入力し、[Sign In (サインイン)]をクリックします。

UniFi

注意:UniFi Network ControllerのIPアドレスは、Cloud KeyのLCD画面に表示されます。

新しいデバイスをUniFi Network Controllerに適用するには、

  1. UniFi Network Controllerダッシュボードの左側のメニューバーで、[Devices (デバイス)]をクリックします。
  2. [Pending Adoption (追加保留中)]となっているデバイスを見つけ、[Adopt (追加)]をクリックします。
  3. デバイスのシステムLEDが青に変わって、正常に追加されたことを確認します。

USG-PRO-4

寸法

484 x 44 x 164 mm

重量

2.30 kg

ネットワークインターフェイス

 

シリアルコンソールポート RJ45 シリアルポート x 1
データポート 10/100/1000 RJ45 ポート x 2
10/100/1000 RJ45/SFP コンビネーションポートx 2

最大消費電力

40 W

電源

AC/DC内蔵 (60W, 24 V, 2.5 A)

対応電力範囲

110 ~ 240 VAC

LED

 

システム ステータス
データポート スピード / リンク / アクティビティ

レイヤー3の転送パフォーマンス

 

パケットサイズ:64 バイト 2,400,000 pps
パケットサイズ:512 バイト以上 4 Gbps (ライン速度)

プロセッサ

Dual-Core 1 GHz, MIPS 64 with Hardware Acceleration for Packet Processing

システムメモリ

2 GB DDR3 RAM

オンボードフラッシュストレージ

2 GB

ラックマウント

可能

動作温度

-10 ~ 45 °C

動作湿度

10 ~ 90 % (結露しないこと)

適合基準

CE, FCC, IC


© Amalance LLC