Upgrade UniFi Device

UniFiデバイスのファームウェア更新

概要

ここでは、UniFiデバイス (アクセスポイント、スイッチ、ゲートウェイ) のファームウェアバージョンをアップグレードまたはダウングレードする方法について説明します。

最新版への最も簡単なアップグレード

最新版への簡単なアップグレードは、コントローラ内の[デバイス]セクションで実行できます。利用可能なアップデートがある場合、各デバイスにカーソルを合わせると、[アップグレード]オプションが表示されます。

ワイヤレスデバイスのローリングアップグレードのオプションもあります。この機能を使用するには、[デバイス]セクションで[ワイヤレス]タブをクリックします。画面右上にボタンが表示され、リストに保留中のアップグレードがあるワイヤレスデバイスがある場合、ローリングアップグレードを開始するオプションが表示されます。

その他のアップグレード方法

未採用のデバイスについて、[デバイス]セクションでリスト上の当該デバイスにカーソルを合わせると、アップグレードオプションが表示され、採用する前にアップグレードを実行できます。これは、採用に問題が発生した場合に特に役立ちます。

採用済みのどのUniFiデバイスでも、デバイスのプロパティからファームウェアをアップグレードまたは変更できます。[デバイス]セクションで、デバイスをクリックして[プロパティ]パネルを展開します。[構成] > [デバイスの管理] > [カスタムアップグレード]を選択します。検証済みのファームウェアについては、別途お問い合わせください。

デバイスはインターネットにアクセスできないが、コントローラはアクセスできる場合、[設定]セクション >[メンテナンス]タブから、コントローラ内にファームウェアをキャッシュするオプションを利用できます。これにより、コントローラ内からデバイスへファームウェアを提供することができます。

SSH経由でファームウェアを変更する方法

  • 対象:UniFi AP / UniFi Switch

    UAP / USWがインターネットアクセス可能な場合、更新ファイルをダウンロードしてインストールするのが最も簡単です。デバイスにSSHで接続し、次のコマンドを実行して、URL部分をダウンロードページにあるURLに置き換えます。目的のファームウェアファイルが見つかったら、そのURLをコピーして[ダウンロード]をクリックし、利用規約を読んで同意します。

    upgrade https://dl.ui.com/path/to/upgrade-vX.Y.Z.bin

    このコマンドを実行することで、指定されたファイルをダウンロードしてアップグレードし、新しいバージョンで再起動します。

    UAP / USWがインターネットアクセス不可の場合、以下の手順で実施します。

    1. ダウンロードページからファームウェアの.binファイルをダウンロードします。
    2. macOS / LinuxのターミナルアプリケーションやWindowsのPuTTYなどのターミナルを使用して、以下のコマンドを発行し、.binファイルをデバイスに転送して、UniFiデバイスのファイルシステムに配置します。

      scp /foldername/firmwarefile.bin user@IP-of-UAP-or-Switch:/tmp/fwupdate.bin

      ファームウェアバージョン4.0.80ファイルがダウンロードされ、Macbook Proのデスクトップに保存されているUAP-FlexHDのためのコマンド例を示します。APのIPアドレスは192.168.1.219です。

      scp /Users/alexpro/Desktop/BZ.mt7621.v4.0.80.10875.200111.1635.bin Alex@192.168.1.219:/tmp/fwupdate.bin 
    3. SSHアクセスに使用するパスワードの入力を求められます。入力し始めると、セキュリティ上の理由から画面に文字は表示されません。正しいパスワードを慎重に入力し、Enterキーを押します。

    4. 次に、SSH経由でデバイスに接続し、次のコマンドを発行してローカルアップグレードを開始します。

      syswrapper.sh upgrade2 &

    SSH経由でアップグレードするときに"Invalid Firmware"エラーが発生する場合、最初に正しくないバージョンをインストールしたことが原因である可能性があります。これを修正するには、まずtmpフォルダーに移動し、fwupdate.binを削除してから、もう一度アップグレードコマンドを実行します (コントローラ上の正しいフォルダにあることを確認してください)。

  • 対象:UniFi Security Gateway / UniFi Security Gateway Pro

    USGはローカルアップグレードを許可しますが、APおよびスイッチが使用する.binではなく.tarファイルを使用します。ローカルアップグレードには2つのオプションがあります。1つはUSG自体からHTTPまたはHTTPS経由でダウンロードする方法と、オフラインアップグレードを実行する方法です。

    USGがインターネットアクセス可能な場合、更新ファイルをダウンロードしてインストールするのが最も簡単です。USGへのSSH接続を介して、次のコマンドを実行し、URL部分をダウンロードページにあるURLに置き換えます。

    upgrade https://dl.ui.com/path/to/upgrade-vX.Y.Z.tar

    このコマンドを実行することで、指定されたファイルをダウンロードしてアップグレードし、新しいバージョンで再起動します。

    USGがまだインターネットに接続されていない場合は、USGの各モデルに対応する.tarファイルをダウンロードページからローカルシステムにダウンロードし、SCPを使用してUSGにコピーします。

    scp /foldername/upgrade-vX.Y.Z.tar user@IP-of-USG:~/upgrade.tar

    次に、USGにSSHで接続し、以下のコマンドを実行して、アップグレードを実行します。

    sudo syswrapper.sh upgrade upgrade.tar
  • 対象:UniFi Dream Machine / UniFi Dream Machine Pro

    UDMへのSSH接続を介して、次のコマンドを実行し、URL部分をダウンロードページにあるURLに置き換えます。このコマンドは、ファームウェアを直接プルし、ダウンロードしてから、UDM-Proをアップグレードします。

    ubnt-upgrade https://fw-download.ubnt.com/data/udm/e649-udmpro-1.6.6-0761feeda3504456bdb80e09527ab56a.bin

    次の方法では、ファームウェアの.binファイルをダウンロードし、SCPを使用してデバイス (この例ではUDM-Pro) に配置します。これは、上述のインターネットアクセスのないデバイスの手順で説明されています。次に、ubnt-upgradeコマンドを発行し、続いてそれが格納されている場所のパスを発行します。/mtn/data/に保存することをお勧めします。コマンドは次のようになります ("firmware-name.bin"を実際のファイル名に置き換えます)。

    ubnt-upgrade /mtn/data/firmware-name.bin