Upgrade Cloud Key

UniFi Cloud Keyのファームウェア更新

概要

ここでは、UniFi Network ControllerのGUIを介してUniFi Cloud Key (UCK-G2, UCK-G2-PLUS) のファームウェアとソフトウェアをアップグレードする方法について説明します。

事前のバックアップ

開始する前にコントローラのバックアップがあることを確認してください。まず、[設定] > [バックアップ]から利用可能なバックアップをダウンロードします。なお、バックアップをリストアする際は、コントローラのソフトウェアバージョンがバックアップのバージョンと同じか、それよりも新しい必要があることに留意してください。

Cloud Keyをコントローラで更新する方法

  • [設定] > [メンテナンス] > [クラウドキーファームウェア]に移動し、[更新の確認]をクリックします。利用可能なアップグレードがある場合は、[更新の適用]ボタンが表示されます。

  • [設定] > [メンテナンス] > [クラウドキーコントローラ]に移動し、[更新の確認]をクリックします。利用可能なアップグレードがある場合は、[更新の適用]ボタンが表示されます。

Cloud KeyのローカルUIから更新する方法

  1. Cloud Keyと同じネットワークに所属するPCのブラウザを起動し、Cloud KeyのIPアドレスを入力しEnterボタンを押します。システムの自己証明書に関してブラウザ上にエラーが表示されますが、[192.168.xxx.xxxにアクセスする (安全ではありません)]をクリックして続行します。

  2. [Your Cloud Key G2 Settings]の[Manage Cloud Key]ボタンを押します。

  3. UniFi Management Portalが表示されます。初期状態の場合、[Username (ユーザー名)]と[Password (パスワード)]の両方に ubnt と入力し[Login (ログイン)]ボタンを押します。
    なお、初期状態のバージョンによっては[Username (ユーザー名)]は root である場合があります。これらの資格情報は、UniFi Network Controllerの資格情報とは異なることに注意してください。

  4. [Settings (設定)]タブに移動し、[Firmware (ファームウェア)]セクションを展開して、利用可能なアップデートがあるかどうかを確認します。ある場合は、[Update Now (今すぐ更新)]ボタンをクリックします。